読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0329_hatena

名古屋勤務のアラサーがガジェット、健康についてつづります

Amazonプライムを使って購入した本たち

このゴールデンウィークは本を数冊読んでいます。

先日書いた記事に出てきたAmazonプライムの無料体験を利用して購入した本たちを備忘録がてらに記載しておきます。

f:id:hidejapan:20140430202610p:plain

念のためAmazonプライムのおさらいをしておきましょう。

Amazonプライムって?

お急ぎ便が使い放題

・お届け日時指定が無料

・家族も使い放題

Amazonプライムの詳しい情報:

Amazon.co.jp: Amazon Prime

 

1つめ:生き方 著者:稲盛和夫

もうね、社会人になってから読みたいと思って早数年やっとの思いで読むことができました。稲盛和夫さんの実体験・ストーリーに基づく考え方や時代背景に共感でき、心を打たれました。

僕が心打たれた文章を2つ紹介したいと思います。

もうダメだ、無理だというのは、通過地点に過ぎない。全ての力を尽くして限界まで粘れば、絶対に成功するのだ。

仕事をやり遂げるためにはたいへんなエネルギーが必要です、そしてそのエネルギーは、自分自身を励まし、燃え上がらせることで起こってくるのです。自分が燃える一番よい方法は仕事を好きになることです。どんな仕事であっても、それに全力で打ち込んでやり遂げれば、大きな達成感と自信が生まれ、また次の目標へ挑戦する意欲が生まれてきます。その繰り返しの中で、さらに仕事が好きになります。そうなれば、どんな努力も苦にならなくなり、すばらしい成果を上げることができるのです。

この文章だけだと良さが分かりづらいかもしれませんが、もっと早くに読んでおくべきだったと後悔しています。というのも、これを読むのと読まないのとでは仕事の取り組む姿勢、人としてのあり方に大きな差が生まれてくるからだと思うからです。

出来るのであれば、社会人として働くようになる前の大学4年生3月時に読みたかった。

また、一度読み終えてから再度記憶に定着させたかったので、今は2周目に入り、理解をしつつ、上に書いたような「良いな」と思えるフレーズをノートにメモしてます。

生き方―人間として一番大切なこと

生き方―人間として一番大切なこと

 

 ※母親に、「あんた、お父さんと読む本が似てきたね」と言われ少しはにかんだのはここだけの話。

 

2つめ:成功のための未来予報 著者:神田昌典

転職してコンサルをしたての時に「神田昌典」という方がいることを知ったのですが、意識的に読むのを敬遠していました。

ある日の帰宅途中に本屋に寄り、このタイトルが目に留まり少し読むと非常に興味が湧いた内容だったので、後日Amazonプライムにて購入。

知らない分野等を初心者レベルから書いてあったり、自分自身将来のことで考えていたので一つの考具として買って損はなかったと思います。

成功のための未来予報

成功のための未来予報

 

 

3つめ:不変のマーケティング 著者:神田昌典

ついでにこちらの本も購入しました。購入する順番が逆なのは置いときまして、

まだ読み終えていませんが中小企業のマーケ関連の仕事をしている方たちやコンサルの方たちは復習も含めて読むと良いんじゃないのかと思いました。

神田さんの本は焼き直しだとAmazonのレビューに書いてありましたが、僕は購入しました。それは神田さんのマーケティングに関する本をまだ一度も読んだことがないからです。それをこの本でまとめてくれているから、今の自分に損は無さそうだと踏んだからです。なので、神田さんのマーケ関連の本を読んだことがない方は一度読んでみると初心に戻れるかと思いますよ〜

※神田さんが以前に公表してきたマーケティング手法が書かれています。 

不変のマーケティング

不変のマーケティング

 

 

以上、意識高い系ならぬマインド高めの記事でした。