読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0329_hatena

名古屋勤務のアラサーがガジェット、健康についてつづります

フィリピンセブ島に留学を選んだ理由

why?

留学した際のマインド維持の備忘録として書いていきます。

 

 

英語を学ぶ理由・目的

  • (将来的に)英語で「ビジネス」。(ゆくゆくはシリコンバレー外資系企業で働きたい)
  • 日本のみならず海外での出会い然り、ビジネス>IT・web関連の動向を自分の目で耳で理解し、人生に活かす
  • 海外のwebサービスを理解した上で利用する
  • 英語を話せない、コンプレックスの克服→挑戦
  • 日本に縛られない老後生活を過ごす

 →人生をより充実させるためのツールが英語

ちょうどこのエントリーを書いている時に、リアルタイムで昨夜こんな記事を見つけました。

「英語は通訳を介せばいい」「翻訳機で十分」と考えていましたが、それは考え改めました。様々な情報を今後インプットするにあたって、日本語しか扱えないのはきっと致命的。
人にいちいち翻訳依頼を出してはお金も時間もかかるわけですし、自分でネット、書籍、リアルな出会いから英語の最新情報を得られるようになりたい……。

via http://p-dress.jp/articles/-/645

安藤美冬さん、過去に集英社に勤務され、本を数冊執筆されていることもあり、自分が言いたかったことを上手くまとめていただけています。

 

こちらの記事(id:aika_kumamoto)も参考にさせていただきました。m(__)m


振り返り(フィリピンでの生活、語学留学に関して) - ぶっ飛んでいた方がおもしろい

 

 

加えて、

3ヶ月間の留学を通して私が目標とするのは、

  • TOEIC730点以上(2014年9月時点 515点)

(LISTENING : 285  |  READING : 230)

です。

 

英語を学ぶ手段

フィリピン留学を選んだ理由はいくつかあります。

この理由を書く前に、大学を卒業した社会人が英語を学ぶにはどんな手段があるのか確認していきたいと思います。

  • NOVAやAEONなどの英会話学校(オンライン英会話サービスも含む)に通う
  • 参考書やアプリを基に独学で勉強する
  • 英語を話す他国の恋人を作る
  • 海外留学をする

大きく分けて、上の4つが考えられる訳ですが全てに一長一短ありますね。他の数多くのサイトで良し悪しについて書かれているかと思うのでこちらに関しては割愛します。

 

留学を選んだ理由

  • 「時間」と「環境」を変えられる

自分の場合、仕事柄英語を学ぶことの出来る環境ではなかったため、「時間」「環境」を強制的に変えられる「留学」を選択しました。

  • 30歳までに海外生活(留学)をしたい思いがあった→ビジネス、プライベートに於いて多様な考え方や常識に囚われないスタンスで今後出会う人に影響を与えたい・受けたい

 

上記を踏まえて、

数ある外国の中でもフィリピン(の語学学校)を留学先にした理由は以下の通りです。 

フィリピン留学(語学学校)を選んだ理由

  • 時間と環境を変えられる。オマケに付き合う人も変わる

大前研一さんの名言で、 

人間が変わる方法は3つしかない。ひとつ目は時間配分を変えること。ふたつ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること。どれかひとつだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることが最も効果的なのだ。

というのがありますよね。

  •  何よりもカナダ、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアよりコストが圧倒的に安い!(1ヶ月10万円〜で留学出来る。)それに、フィリピンの公用語は英語!
  • しかも、気候的に過ごしやすい!(セブ島の年間平均気温は26℃〜27℃)

気が向いたら語学学校を選んだ時の基準に関して書こうと思います。

 まずは、何事もTAKE ACTION!

 

See you!