読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0329_hatena

名古屋勤務のアラサーがガジェット、健康についてつづります

世界が幸せになれるミュージック|ファレル・ウィリアムス「Happy」が2014年流行る!?

ハーレムシェイクの次に流行った恋するフォーチュンクッキーが一世を風靡したのは記憶に新しい。

 

ファレル・ウィリアムスの「Happy」のミュージックに合わせて軽快に踊るPVが世界各国で流行っている。YouTubeにアップされているPVがなんと約2億オーバー!(2014年5月5日時点)

Pharrell Williams – Happy (Official Music Video)

そんなモンスター級のPVは、ニューヨーク、ロンドン、イタリアのフィレンツェ、フランスのパリ、中国の北京、クロアチア、ジャマイカなどで既に「Happy」のミュージックに合わせて踊るPVが制作・公開されており、日本ではつい先日原宿ver.PVが公開されました。

Happy from Harajuku Tokyo - Pharrell Williams #harajukuhappytimes

 

原宿ver.の豪華すぎる出演者

ビームス代表取締役社長:設楽洋

ユナイテッドアローズ取締役会長:重松理

・「FIG&VIPER(フィグアンドヴァイパー)」プロデューサー:植野有砂

・SHIMA:奈良裕也

・FALINEオーナー:Baby mary

・カリスマブロガー:まつゆう*

・株式会社スプリー代表:安藤美冬

・二足歩行ロボット:ASIMOアシモ

恐らく(・キックボクサー:小比類巻貴之

and more...

といったファッション関係を中心に、力士やおじいちゃん、調理師、ダンサーなど各界から出演しているPV。

原宿ver.をもとに2014年後半戦に向けて“踊ってみた”動画を作る動きが各地方・各団体で見られるのではないかと思うと、今から先手を打ってPVを作ってみるのも良さそうです。

既に2014年5月には、Sony MusicA BATHING APEファッションデザイナーであるNIGO(R)をディレクターにむかえる日本版ミュージックビデオが公開予定であり、ファレルの来日プロモーションも決まっているため、日本に「Happy」旋風をもたらすことは可能性大でしょう。

 

そもそもこの「Happy」という曲は、映画「怪盗グル−のミニオン危機一髪」のサントラ曲として制作されたもので、第86回アカデミー賞にもノミネートされた楽曲でもあります。

 

希代のヒットメーカー、ヒップホップ界の天才と呼ばれるファレル・ウィリアムスという人物

・もともとN*E*R*Dのメンバーの一人である

・Duft Punk「Get Lucky」にボーカルとして参加

グラミー賞に7回受賞(2014年時点)

といった実績があり、希代のヒットメーカ、ヒップホップ界の天才と呼ばれるほどの人物。

ファレルの“24時間のミュージックビデオ”といった試みにそう言われる所以があるのではないのでしょうか。(僕自身がそうだと言っても押し付けがましくなるので、直接以下のサイトを見て感じて見て欲しいです。)

Pharrell Williams - Happy(オフィシャルサイト)

f:id:hidejapan:20140505121341p:plain

 

大企業の悪ノリが目立ったハーレムシェイク、

企業から個々人まで流行った恋するフォーチュンクッキー

そして世界に“Happy”をもたらすHappy

 

今後の「Happy」を使った企業・各団体・地域・個人でのプロモーションに使われるPRに期待がかかります。恐らくサイバーエージェントあたりがHappy from Cyber AgentでPVを作りそうですね。今こうやって記事を書いている時に彼らは既に企画しているかも。

 

Because I’m happy♫

 

Happy

Happy

 
追記

ファレル・ウィリアムスが5月16日放送のMステに生出演決定!

テレビ朝日|ミュージックステーション