読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0329_hatena

名古屋勤務のアラサーがガジェット、健康についてつづります

現状維持は現状維持ではない

f:id:hidejapan:20140422143102j:plain

後退しなければ現状のままでいいと思う人は大半だと思います。

が、実はそれ現状維持してません、後退してます。

あなたが現状のままでいたとしても、他の人(企業)は成長してるから。

だから現状維持のままで良いなんて言ってると思ってると5年後10年後にはもう取り返しのつかないくらい現状維持のレベルから遠ざかってるかも、ですよ。

 

言葉を拝借すると、

ディズニーランドはいつまでも未完成である。現状維持では、後退するばかりである

ウォルト・ディズニー

 

起業して10年生き残れるのは1割、株式会社は30年でその99.98%が消える(つまり100の会社が30年後にはほぼほぼ1社も生き残っていない)と耳にしますが、そんな中30年連続増収している企業があります。AppleSAMSUNGUNIQLO楽天AmazonSoftBank?(これらの企業も増収しているかもしれませんがそこは割愛でお願いします)

 

ノンノン

 

税理士法人古土田会計(http://www.kodato.com/

古土田で こだと と読むみたいです。

サイトに掲載されてるグループの売上高のデータを拝借すると、

平成17年:7億3900万 平成25年:13億1700万

と、8年でおよそ2倍弱の売上高を伸ばしている企業。

そんな企業が現状維持に満足せず色んなことにチャレンジしています。

例えば、

・会計事務所甲子園という大会を発起。

今年で2回目の開催になるみたいですが、当の発起した古土田会計は3年間は参加せず支援する側に回ることを所長のブログに記載してありました。

・革新的な朝礼。

勝っても負けても本気で喜ぶ 本気のじゃんけん!

2人でハッピー!ハッピー!と声を出し、ハッピーなポーズをする ハッピー体操。

色んな企業の朝礼をビジネス書、メディアを通して見てきましたが、こんな革新的な朝礼は初めてでした。

 ・メディア露出

大きい企業にもなると動きが遅くなるのは致し方ないもの。

加えて、お堅いイメージな税理士・会計士が◯◯に取り組んだことにイメージが変わりました。それは、昨年一世を風靡した「恋ちゅん」こと「恋するフォーチュンクッキーを踊ってみた」です。

メイキングとYouTubeアカウント名(webteam古土田会計)を見ると力入れたんだな〜と言うのが伺えます。

 

 他にもステキな文化(ビジョン)のあるので、以下の動画でご覧になれます。

サイトと動画を見たら、自分が入社したくなってきてしまった…(笑)

 

補足

記事を書き終えたあとに知ったのですが、日経新聞オンラインの記事にも同じようなことが書かれていました。

仕事って何 「脳がちぎれるほど考えよ」 (孫正義ソフトバンク社長) :日本経済新聞

「企業の価値は挑戦と進化で決まる。・・・。世の中の進化においてかれて地盤沈下していくだけだ」

と、孫正義氏が言っていました。このあとの下りでブログの冒頭辺りに書いた創業後30年間生き残る企業の割合についても書かれており、世界を代表する経営者が考えることは同じなんだな、と。

 

どうでもいいことなんですが、

今ちょうど稲盛和夫氏の「生き方」を読んでいて、刺さる言葉に触れまくっているところでして、記事のタイトルになっている「脳がちぎれるほど考えよ」も刺さりました。

刺さる言葉(フレーズ)でブログ運営やろうかな(笑)